かっ飛び棒&激投ジグ各種&タコワーム&釣果

皆さんこんにちは

 

雨の中でも青物は好調です

昨日来店してくれた

ナガネギマン氏から早速ブルー

 

ジャンプライズ

かっ飛び棒130BR欠品カラーなど補充しました

人気のアカキンも入荷しましたので今の内に

ナガネギマン氏はソイ狙いの穴打ちも

最近ハマっておりますが

本日はなぜかタコ

タコの魚影濃いのですね

 

今年は去年より幸先良く釣れています

と、言う事で

カルティバから

タコワーム Wグラブ入荷

付け易い専用ジグヘッド

タコヘッドも28gと

18gでカラーもピンクとホワイト揃えました

カルティバからジグ類大量入荷しました

ゲキトウジグ・エアロ各種

ゲキトウジグ・レベル各種

ゲキトウジグ各種

投げ技ジグ各種

25g~100gを今回補充しました

ニューカラーも要チェックです

 

ジャンプライズ

オールウェイクの86フィネスが

今月入荷いたします

 

河川シーバスも始まってきました

お勧めの一本です

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

ブルー&アオリ&レッド!?

皆さんこんにちは

 

久し振りの時化でしたが

早い所では昨日今日と回復傾向

サーフがらみでは波は収まれど

浅場では海草が浮いていて若干釣りがいしづらい感ありますが

それも徐々に取れてきております

 

今年の房総半島は

夏っぽくなったら即座にマゴチが反応

内房南房では当たり前感ありますが

あまりマゴチの好釣果の出ない外房でも

50UP~60UPもでちゃってる・・・と

なっており今年マゴチは当たり年かもしれません

サーフ&フラットフィッシュが好きな方は

マゴチに狙いを切り替えてみてはいかがでしょうか

 

ミノーなどで狙う場合も

狙うレンジがヒラメよりも少し下に

ボトムのリフト&フォールなどは同じように効きます

 

濁り具合や魚のサイズで若干範囲が変わりますが

雰囲気的にはマゴチはボトムから50センチ以内が捕食範囲と狭い

ヒラメはボトムから50センチ以上でも捕食範囲と広いです

 

どちらもサイズが大きいほど飛び上がって食ってくるのですが

ヒラメのザブトンサイズなどは2m以上あっても

飛びつくこともありますので

完全には無理でもソゲとヒラメサイズや

ヒラメとマゴチの釣り分けがおおまか出来ます

 

とはいえ、只今絶好調のブルー

そう、青物報告が多々来ておりますので

そちらも気になりますね~

 

そちらを紹介いたします

 

またもやイナダ&イナワラを

東氏が連発いたしました

調子いいですね~素敵

 

Nモフ氏からは初めての青物報告

これはショゴですね~(カンパチ幼魚)

あっアヴァリス SaltManカスタム

御使用ありがとうございますっ

初体験のあの感動って・・・

思い出させていただきました

今年は来るのが早く

本シーズンに入るとデカイの出るかもしれません

デカイのは同サイズのヒラマサよりタチが悪いので

房総では遭遇率が低いものの狙ってみてくださいね

 

最近頑張っている矢野氏

若さ溢れるパワーで踏ん張っております

そして、ダツを除けば

青物最大サイズ更新

立派なイナワラサイズであります

次はワラササイズと鼻息荒い

 

お次はワタナベ師匠から

3k~5kが沢山釣れた~

これまたプチ爆必死でありましたが

シャークハンターなのでコレは外道であります

自分の体重以上のシャークを捕獲する事

楽しみにお待ちしております

 

さらにお次はいっちょこぎマン登場

漁師の彼が小船を手に入れ

SaltManステッカーを

ドカンと貼ってくれました

コレで色々やってみるんだ~

と言っておりましたよ~ワクワクするね~

私が届かないトコのパトロールお願いします

って、堤防からもアオリ釣ってるし~

ショアからの釣りも上手ないっちょこぎマンでした

 

あ~最後に濃い~の

 

エロが世界を救うっ

 

アカハタゲットは

エッチーノヨッシーノ氏ぃ~

この日アカハタがプチ爆したようです

またもや釣行先で夜も満喫したのでしょうか

 

釣果よりも下手したら

そちらの方が気になる男です

 

皆さん釣果報告ありがとうございます

 

時化後もブルーは復活

 

イナダ&イナワラ&ワラサ狙いなら

お持ちのシーバスロッドでいけるので

皆さんも是非狙ってみてください

 

~~~~~タックル基本データ~~~~~

ロッド:シーバスロッド及びマルチロッド10f程度

リール:3000番~4000番

    リールのサイズに決まりは無くライン

    糸巻量で選びます

 

ライン:PE1.2~1.5号を200m

    私が外洋でやる場合最近のルアーは飛ぶし

    メタルジグなども100m飛ぶと考えた場合

    150mラインの選択肢はありません

 

リーダー:25lb~30lb

 

自信のない方や初心者の方に

ヒラマサなどの中型~大型が混ざる時

ラインはPE1.5~の選択になり

リーダーも30lb~の選択になる場合もあり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

超大型の場合はタックルが違うのですが

イナワラ~ワラサ狙いでは楽しくなくなるのと

パターンが偏った時に

ルアー操作の細やかさが出せない

またやり取りが上手くならないので

その辺も踏まえると上記のタックルがベストです

 

世界第一位の実力を持つ日本の釣り道具

ロッド&リール&ルアー&ラインの今の性能を加味すると

ロッドは曲がる為にあり

リールはドラグが付いており

ロッド&リール&ルアー&ラインの

強度も数年前より更にあります

 

個人的に少しボヤくのであれば

性能面はいいとして

リールの耐久性の部分はもっと上げて欲しいと思います

耐久性も性能の内の一つと考えてもいいのではないでしょうか?

 

まあ、それらのポテンシャルを引き出せば

掛けた魚の捕獲率が上がります

 

シーズン真っ只中のブルー

皆さんの御参加お待ちしております

 

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

パトロールと釣り考察

皆さんこんにちは

 

さて、相変わらずのパトロール

房総半島の海岸線の平和を守る為に

出動いたしました~

 

この日はまたもやベイトボール発見

 

ベイトのサイズなど調べる為に

必ずチェックしてから釣りをスタートする

クセがついております

あっ・・

ごめんねイワシちゃん

こんな風にするつもりじゃなかったんですが・・・

 

まっまあベイトサイズは合格

 

さ~て、今日こそ届いたので

赤いのや青いの何か釣れちゃうかなぁ~

 

って

 

おかしい・・・

 

サバが釣れてしまった・・・25cmくらい

イワシより少し大きいだけのサバ

コレがあのイワシ食えるわけないのであります

う~んサバだけ・・・

 

エサが居るので結構頑張ったんですが

そのうちに離れちゃったので移動

 

他に移動してもこっちは完全にベイトボールまで届かないので

やりませんでした~

 

最近、着実にベイトを見つけているのですが

時合いを完全に外している感じ

 

トランプ大統領ならぬ

スランプ大統領

 

なんかね、もう少し押しの力が欲しいトコ

全体的にはやはり灘寄りにはベイト反応がパラパラですね

 

もう1度先に見つけたベイト反応に戻りましたが

今度は完全に見失いまして

沖に出ちゃったようです・・・

 

パトロールもし終わったし

仕方ないのでおもむろにベイトタックルをば

引っ張り出しまして~

 

またかよ

って声も聞こえそうですが

 

この釣りも大好きなので仕方が無い

釣れちゃうし~

後ろの写真でテトラだとわかると思うのですが

今回のように

海草のついているテトラだと結構根掛り頻発で狙いづらい~

通常はそういうところを避ければいいのです

海草のついていないテトラ帯や

付いていても必ず幾つかの良い穴があるので探しましょう

たかがライトゲームの1魚種である根魚ですが

天邪鬼なSaltManは

同じ釣りを毎回しているわけではなく

釣れている時期に試せる事を出来るだけ試すようにしています

 

同じ釣りを10年やっても20年やっても

人により取れる経験値が違います

そういう人って何人かに一人居ますね

 

そういう人の経験値が豊富なのは

取り組み方とその内容が他と違うからです

 

通常、その釣りを始めるにあたって

タックル立てなどの基本を覚えたら

釣るまでの基本(ポイントや狙い方)も

教えてもらったり盗むという行動に出ます

 

盗むとはなんぞや

 

これは根魚だけではなく

ヒラスズキなどのピンポイントの釣りにも言える事ですが

それを見たらそのポイントに繰り返し入るだけで

釣ると言う部分を満たすだけの釣りをする人が居ます

 

ポイントは私有地で無い限り

誰のものでもありませんが

 

他人が磯で魚を掛けたとします

双眼鏡で投げてるサラシを見極める

そして、次に同じ事をする

 

これがあなたの中で釣る為には合格でも

釣り人としては不合格なんです

 

この釣りも自分で魚を探す事が楽しい部分なんですが

釣果優先にしてしまう事で台無しにしてしまうのです

それでは釣りではなく釣りをしている風の作業

 

例えば最初に魚を釣らせる為に案内してくれた

仲間が居たとします

 

素人に釣らせる為にそれなりに調査して

通常は良いタイミングで条件を満たすように案内します

 

それで釣れたらどうなるか???

 

覚えたての刺激に負け

自らの欲望に任せて

執拗にその場所に通い始めるのが多いパターン

 

先に書いたように誰の場所でもないので

あなた以外が入る権利もあります

もちろんあなたが入る権利もありますが

 

ただ良い大人が夢中になると子供のようになってしまい

周りにまで気が回りません

 

教えてくれた人に配慮することも無く

自分で見つけた希少性も無いので

周りにしゃべりまくります

簡単に釣れるならやってみたいと

気構えの薄い人間の集まりで始めます・・・

 

それが事故やトラブルにつながり易いのです

 

その中からスイッチが入ったもの数人が

通う事でその場に誰よりも居る人となり

変な空気を出し始めます

 

面白いのがその対応に多種多様の方法があるということ

 

1.今まで好きなタイミングで来ていたポイントに変な空気が出来たのが

絶えられず怒り始めるもの(他もあるさ)

 

2.その変な空気に息苦しさを感じてポイントを離れるもの(頑張れ)

 

3.身内になって情報を少しでも貰おうと取り入るもの(一番ダサい)

 

4.既に経験値があり別に他でも出来るので何も言わずそうするもの(カッコイイ)

 

5.その場がメインフィールドで変えられない為

そのままロッドをしまってしまうもの(悲しい)

 

一番ダサい3番

ダサいやつは自らの保身の為にすぐに派閥を作ります

夢中になっている人同士で

メンバーのようなものが結成され

タチの悪い派閥のようなものが形成されると

個人より更にタチが悪いです

 

タチが悪くなってしまうのは

経験の未熟なものが群れを成すので

どうしてもダメダメになりますって事

 

気持ちのよい仲間とつるむのと

メリットがあるからつるむのは違う

 

当たり前ですが

野生動物はリーダーがダメだと全滅します

他の手が入らない限り

リーダーがちゃんとしていると繁栄します

 

人間社会もそうですが少し違うのは

 

個々が強い個性を持ち独自性が強い人間は

個々もおのおのシッカリしないといけません

 

通常自分より釣りをしている

先に経験している人を支持し

教えを請いますが

 

その人が実は先に書いたような

盗むような釣りを展開していたとしたら

それを支持していたあなたはどうしますか?

 

盗人のおこぼれで釣りをしていると言う事になるんです

 

自分へのメリットって部分との戦いです

そのもつ情報が欲しくて付き合うか?

仲間だからと知らないフリもでするのか、許すのか?

 

人間とはずるい生き物です

でも、心の中にある良い悪いって知っているはずだけど

自分に甘いからごまかし続けちゃう

 

自分に対してのメリットやデメリット

金や利権や権力に身内だからとかが違うんです

 

身内にだからこそ

間違った時に強く言うんです

 

解ってても言わない場合

あなたが一番ずるい人になります

 

アイツが

悪い事しているのは解ってるけど

自分に危害が無いので黙ってる

俺には情報くれるから・・・

自分にはメリットがあるからと

ダメなやつを野放しにしてしまう

 

変な部分で人付き合いが上手くなっていくと

自分自身が腐っていく気がします・・・

 

同じ箱の中に腐ったミカンがあれば

その周りも腐るので

その場合取り除きます

 

ミカンではないので

万が一取り除けない場合があるとします

 

でも、その場合自分自身がシッカリしていれば

簡単には腐らないのではないでしょうか?

 

盗むとはなんぞやから

話が飛びましたが

基本タックル立てに釣り方狙い方など覚えたら

まずは何回か自分で試してみる方がいいです

 

老後の楽しみで近くの堤防に毎日通い詰めるような展開ではない場合

皆さんは行く場所に狙う魚種を選択できるので

 

夢中になって同じ場所に通っているのは

体力や執念に任せて出来る業

でも、伸びしろのある時期に

自らの釣りを固めてしまうのはとてももったいないとも思うのです

 

やる気のある時期や体力のある時期に

頭を使うことと

広い範囲から経験をつむ事

 

あまり臆病でもいけませんが

上手くいっていると感じた時に

自分が井の中の蛙になっていないか?

同じパターンに固執してはいないか?

と感じれる事も必要です

 

本当に大切な仲間はノリで一緒一緒とやるヤツではなく

ダメな時はダメだと

それはちょっと違うんじゃないか?と、たしなめてくれるヤツや

気づかせてくれるヤツなんです・・・

 

俺、キレると怖いから

そんなキャラ作っているヤツにいい仲間は出来ませんよ~

 

今回はタックルを専用に変更

リールがアブだったので

ロッドもアブ

ソルティーステージ ロックフィッシュにしました

ワーム ジャッカル イカクロ3インチ

ジグヘッド がまかつ ボトムノッカーオフセット

 

パワーがあるのでこのサイズだとチト微妙ぉ~

でも、釣れているのになぜタックルなどの変更を???

 

そう、今までアジング用のジグヘッドでは狙えなかった

海草付きのテトラの奥へ・・・

 

記事の先頭で狙いづらいのでと言っていた場所を

今回狙ってみたくてオフセットフックでワームを流し込みました

 

昔からやっているので居るのは知ってるんですが

今あるタックルで簡単に釣れるトコでってのが通常

いままで面倒だって意味合いでやらなかっただけです

 

海草付きテトラは海草が邪魔で

リグが重くないと落ちていかないし

通常ジグヘッドだと引っかかって釣りにならないし

あまりテンポがよろしくないので

やり易い場所でやった方が早いと言う事~

 

ネチネチ狙ってやるのが好きだという

更にスケベな方には人に叩かれずらいポイントなのでお勧めです

 

楽に釣れる海草のついていないテトラ以外に

狙うべき場所はこんなトコ

もう少し潮が引いたらゴロタの上がバシャバシャしてきます

そうすると獲物を狙って穴の出口を意識するので

簡単に釣れるようになります

ムラソイ狙いは小サラシがキーポイント

こんな浅い場所はジグヘッド1.5~3gぐらいで十分

波が強い場合3g~10gとかその場に応じて対応

 

 

あとはこういった堤防の下にあるエグレ

新しい堤防より古い堤防の方が劣化してて

穴や起伏があるので狙い目

波の当たる古い堤防はパラダイスです

 

これから台風が来て明日明後日

一旦海はリセットが入りますので

その後がまたお楽しみですね

 

全国のSaltManファンの方

今回のブログの中盤に書いたように

たまにボヤキやなんやかんや書く事がありますが

たまに書くこういう内容で

私自身に何かあったんではないか

心配される方もおります

 

お客さんとのお話や仲間との話しの中で

合った話、出てきた内容を

私なりに掘り下げ書いております

 

釣りはメンタル&性格&スタンス含め

哲学だと思っているので

掘り下げすぎかもしれませんが

 

こんなんじゃいけないね

こうだといいね

そんな気持ちで注意喚起を含めており

 

先に面倒な部分を記事を読んでおけば

免疫ができて

ケースバイケースで対処できるかも知れん

 

御存知の方も居るかと思いますが

私は人のいない所でロッドを出す事が多いので

個人的なトラブルはめったにありません

 

毎度

私自身に何かあったから書いているわけではありませんので

御安心下さい

 

心配してくれる、気にしてくれる

そんな気持ちはそれだけでラブです

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼