GCRAFT SEVEN-SENSE MOSS MS-1102-MF+北西スペシャル

GCRAFT SEVEN-SENSE MOSS MS-1102-MF+北西スペシャル

定価
¥65,880
販売価格 当店では全品税込み価格でご提供しております
¥61,000
在庫状態 : 残り 1 個
ポイントレート:1%
数量

*税込み10800円以上で送料無料になります
※ロッドが含まれる場合は申し訳ございませんがヤマトの値上げに伴い
「本州・北海道 1600円、沖縄・離島 4000円」の送料が別途必要となります。

* 「売り切れ」や未掲載商品をご希望の場合は、お取り寄せ可能か確認いたしますので、お気軽にお問合わせください
* 店舗と在庫を共有しています。万が一お取り寄せとなる場合にはこちらからご連絡させていただきます

  • ◆重さ : 177g
  • ◆サイズ : 9.6f
  • ◆ルアーMAX : 35g
  • ◆ラインMAX : 16Lb
  • ◆ルアーBEST : 21g
  • ◆継数 : 2pce

 

商品情報

GCRAFT SEVEN-SENSE MOSS MS-1102-MF+北西スペシャル

 

MOSS 爆風平鱸専用設計【印籠継】

 

「超軽量『爆風』ブランクス」

 

「北西風15m」。この低気圧を皮切りに初冬の和歌山・中紀の平鱸が開幕する。現行のMOSS11ftやMOSS REEF11ftでは到達できない操作性を求めこの「北西スペシャル」の開発がスタート。どうしても15mの爆風はMOSS11ftの穂先を押し曲げ、青物にセッティングしたMOSS REEF11ftの強靭なバットトルクは、その自重からスイングスピードを遅くする。

が、決して「使えない」訳ではなく、「快適ではない」が表現的に正しい。その「快適」を手に入る為の爆風テストを全低気圧通過と共にテストを繰り返し、カーボンの肉厚やトルクは軽量なMOSS11ftを継承させ、マンドレルテーパーをMOSS REEF11ftに近づけた完全な爆風仕様にコンセプトを絞り、強風下のメインルアーであるバイブレーションを筆頭に高比重系プラグに的を定めた「ギリギリで入る穂先」を設計。

バイブレーションの弱点でもある「バラシ」をとにかく軽減させる為、バットの曲がり始める位置の違う膨大なプロトタイプの中から4種類を搾り出し、さらに、最終段階まで悩み抜いた入り方の異なる穂先の2種類を組み合わせを変えながら爆風が切れ、且つタメが利き、曲がるバットを危険な状況下で可能な限りの安全なゲームが展開できるギリギリのラインである「風速15m」に的を絞り、最善なブランクバランスを選出。

こいつで振り切れない爆風は体が二本足のみで固定できないレベルの状況な為、ゲーム自体の「危険」を知らせる。危険下安全領域の限界点で完成させたこの曲がる「北西スペシャル」の「快適性」を是非体感して下さい。

 

Length : 11’0
Section : 2pcs
Lure max : 55g 
Lure best : 26g
Line max : PE2 
Rod wt : 246g

 

テスト概容
・紀伊半島(白崎・小浦・阿尾・日の岬・白浜・椿)の北面にある地磯のサラシ場や沖磯にて平鱸や不意の青物4~5㎏までのクラスにてテスト。風速風向が10mから15m、最大20m予想の低気圧が到来するほぼ全ての北西風にて振り切れるロッドをテスト。硬すぎて掛けてもバラシが多発するブランクからスタートし、爆風下で振り切れて、フッキング後にバットが叩かない曲がりの限界点に仕上げました。

 

テスト使用リール
・スピニング : ブランジーノ3000+PE2+リーダー35lb (2m)
・スピニング : 10ステラ4000+PE2+リーダー35lb(2m)
・スピニング : セルテート3000+PE1.5+リーダー30lb(1.5m)

 

テスト使用ルアー[コンセプト上、使用頻度が高く、好釣果を得たルアーを代表的に抜粋しています。]【対平鱸】
・レンジバイブ100ES/90ES・バリッド90H・クルーズバイブ85・ローリングベイト88
・トゥルーラウンド115F・K2F122・K2S122・フリッツ24・バックウォッシュ110S・フィードポッパー120
・ラブラ90S・ランダム80(足元のサラシやピンポイント至近距離用)

 

<補足>
テスト時に使用した全てのルアーはフックをSP-MH/RB-MHに交換しています。