shimanoシマノ NEWステラ

定価
¥82,080
販売価格 当店では全品税込み価格でご提供しております
¥69,768
ポイントレート:1%
数量

*税込み10800円以上で送料無料になります
* 「カートへ入れる」ボタンを押すとカートページに切り替わります
* 「売り切れ」や未掲載商品をご希望の場合は、お取り寄せ可能か確認いたしますので、お気軽にお問合わせください
* 店舗と在庫を共有しています。万が一お取り寄せとなる場合にはこちらからご連絡させていただきます

 

商品情報

 

至福の時をすべての人へ。シマノスピニングの新たなる最高峰。

 

伝統と気品を受け継ぐシマノスピニングリールの最高峰が数々の新機能を纏って転生を果たしました。NEWステラがこだわったもの、そのひとつは「良質な巻き心地」。
シマノスピニングリール初となるマイクロモジュールギアを搭載し、極めてノイズの少ない滑らかな回転を実現するとともに、摩擦を低減する新形状ストッパーベアリング、ハンドルのガタつきを抑制するSダイレクトギアを採り入れ、シルキーな回転フィールがさらに向上しています。次なるこだわりは「アングラーとの一体感」。

 

ドライブギアの下にあったウォームシャフトを上に配置するGフリーボディ構造により重心を手元近くに寄せることに成功しました。
もうひとつは「初期性能の持続」。
新採用の防水機構(※) ・コアプロテクトでストッパーベアリング、ボディ、ラインローラーには、撥水効果に注目した非接触シールを搭載。回転性能を犠牲にせず、摩擦を抑えることで性能は長期間キープされます。

 

ボディは耐水性を向上させるためにストッパーレバーを排除し、撥水処理を施した合わせ面をフラット化しました。これにより、水の浸入を抑え、官能的な巻き心地を長きにわたってお楽しみいただけます。
また、4000番ボディにワンサイズコンパクトなローターを搭載し、 4000番の巻き上げパワーをそのままに、一回り軽量化した 新サイズ『3000HGM』をラインナップいたしました。

パワーアルミニウム:3000HGM ローター素材.

 

■なぜSTELLAなのか

spec1_shimano_newstella

 

■究極の巻き心地

spec3_shimano_newstella

ギアノイズを提言し、滑らかな巻き心地

マイクロモジュールギアとは、歯を可能な限り小型化し、従来よりも多い歯数を持つ機構である。細かい歯を密に、かつ数多く噛み合わせることにより、強度を低下させることなく滑らかな動力伝達を実現。巻き上げ時のギアノイズが低減し、感度も飛躍的に向上した。ベイトリールでは段階的に導入してきたマイクロモジュールギアだが、狭いハウジングスペースの中でハンドルの回転運動を90度折り曲げてローターを回し、スプールの前後運動への変換も同時に行うスピニングリールにおいては構造的な制約が多いうえ、小型歯ギアを正確に組み込むには高度な技術を要するため、かつては不可能とまで言われていた。精密なギアを寸分の狂いもなく支持できるのは、高剛性&高精度のメタルボディがあるからこそである。

 

spec18_shimano_newstella

図の赤い線で表したグラフがマイクロモジュールギアの発するギアノイズ。左の従来型に比べて明らかにノイズが低減されていることが見て取れる。小型歯の密な噛み合わせは、巻き心地が滑らかなうえに高感度。使用感はもちろんのこと、小さなアタリもつぶさに感じ取ることができる。

 

 

spec4_shimano_newstella

 

spec21_shimano_newstella spec22_shimano_newstella

より軽い回転を実現。

NEW STELLAには、形状を見直した新型のストッパーベアリングを採用した。当社の回転トルクテストで10 STELLAと比較した結果、約25%の摩擦低減を確認。STELLAの真髄ともいえるシルキーなタッチはそのままに、より軽い回転が実現したのである。新しいギアテクノロジーで得たパワー伝達効率と感度は、支持セクションが有効に機能することでその性能を遺憾なく発揮できる。パワーリトリーブは力強く、スローでソフトなタッチは曇らせない。アングラーのインプットをリアルにラインへ伝えることが、新形状ストッパーベアリングの真価である。

 

spec23_shimano_newstella spec24_shimano_newstella

回転時のガタつきを排除。

どんなリールにもハンドル回転方向のガタつきが存在する。これに対し、ボディをはじめとするパーツの精度を高め、ピニオンギアに弾性部材を追加することで回転性能を落とすことなくガタを抑制するのが「Sダイレクトギア」。指先のタッチがリニアに回転へ反映される。

 

■アングラーとの一体感

spec5_shimano_newstella

 

手元へ銃身を近づけ体感的な重さを低減。

spec26_shimano_newstella

と呼ばれるパーツが組み込まれている。従来はボディの下部に収まっているものだが、NEW STELLAはこのウォームシャフトをドライブギアの上、よりロッドに近い位置に配置した。これによりリールの重心が上がり、手元へ近づくことで体感的なリールの重さが軽減された。ロッドとの一体感が増し、そして何よりアングラーとの一体感が高まったといえるだろう。

spec28_shimano_newstella spec27_shimano_newstella

従来はボディの下部にあったウォームシャフトをボディの上部へ配置。ウォームシャフトはボディ内部に収まるものの中でも比較的大きなパーツであり、リールフットから続く狭いスペースに組み込むには高度な技術を要するが、これを手元へ近づけたことで重心が上がり、体感的な重さが大幅に低減される。キャストフィールが向上したことに加え、ボディシェイプもグッとスマートになった。

 

1 ■コイルドウェーブスプリングドラグ
全範囲で安定したドラグテンション調整。
スプール内に収まるドラグには、従来のスプリングに代えて扁平した新設計コイルを採用。これにより、ミニマムからマックスまで全範囲において微調整が利くドラグとなった。

 

2 ■新形状ラインクリップ太径ラインもガッチリホールド。
NEW STELLAのスプールには滑りの少ない新形状のラインクリップを配した。線径の太いショックリーダーでも、しっかり確実にホールドすることが可能。移動中にスプールからほどけるトラブルも激減する。

 

3 ■チタンベール軽量でサビに強くハードユースに耐える。
ベールには、一般的なステンレス素材よりも比重が小さく、サビにも強いチタンを採用。軽い巻き心地に貢献するほか、過酷な環境下におけるハードな使用にも耐える。

 

4 ■新形状大径ドラグノブスムーズかつ細やかなドラグ調整が可能。
NEW STELLAには、指先の掛かりがよく、操作性に優れた大径のドラグノブを配した。ファイトの途中でもスムーズかつ細やかなドラグ調整が可能。不意の大物にも余裕を持って対処できる。

 

5 ■ベールの開き角度拡大フルキャストしても衝撃で返りにくい。
NEW STELLAのベールは開き角度を大きく設けてキャスト時における不意の返りを抑制。急激なベールの返りによるラインブレイクを防ぐ。ショアジギングなどのパワーキャストには頼もしい機構。

 

6 ■糸落ち防止形状ロータースプールからラインが落ちても軸に絡みにくい。
2500番以上のアイテムに装着されるローターは、緩やかに内部を立ち上げた新形状を採用。スプール内部にラインが落ちても、メインシャフトに絡むといったトラブルを防止してくれる。

 

7 ■ロングストローク遠投性能が飛躍的にアップ。
NEW STELLAのスプールは今までのSTELLAと同様にロングストロークタイプを採用。ラインの射出性能に長け、当社の室内テストにおいては、通常のストロークを持つリールと比較して最長飛距離は約10mアップ、平均飛距離は15%も向上した。

 

■初期性能の保持

spec13_shimano_newstella

 

全方向からの水野浸入をブロック。

コアプロテクトとは、水玉を形成して水を弾く撥水処理(水玉効果)を各部に配置し、回転レスポンスや軽さを維持したままボディ内部への水や異物の侵入をブロックする機構である。搭載箇所は、ローターとボディ間に配されたストッパーベアリング、ボディ、ラインローラーの3カ所。非接触シールは回転が軽いうえに摩耗せず、性能は長期間キープされる。ボディあわせ面をフラット化し撥水処理を加え、ストッパーレバーをなくすことでウイークポイントを払拭。ボディ前面はもちろん、側面、背面からも水の浸入を防ぎ、回転の初期性能が長期間保持される。

 

▼各部に特殊撥水処理を施し、特殊グリスによって全方向からの水の浸入をブロックするのがコアプロテクト。下図中、黄色で示した部分が撥水処理箇所、赤色で示した部分が特殊グリスによるシーリング箇所となる。回転を妨げない非接触シールは摩耗せず、防水性能(※)は長期間キープされる。ボディの合わせ部分もフラット化し、水が入り込む隙間を設けない設計とした。
※IPX4相当