DAIWA(ダイワ) モアザン 3012H

DAIWA(ダイワ) モアザン 3012H

定価
¥65,880
販売価格 当店では全品税込み価格でご提供しております
¥59,300
在庫状態 : 残り 1 個
ポイントレート:10%  月曜火曜ポイントUPデー!

終了まであと

数量

*税込み10800円以上で送料無料になります
※ロッドが含まれる場合は申し訳ございませんがヤマトの値上げに伴い
「本州・北海道 1600円、沖縄・離島 4000円」の送料が別途必要となります。

* 「売り切れ」や未掲載商品をご希望の場合は、お取り寄せ可能か確認いたしますので、お気軽にお問合わせください
* 店舗と在庫を共有しています。万が一お取り寄せとなる場合にはこちらからご連絡させていただきます

 

商品情報

spec1_daiwa_morethan_normal

 

さらにタフに進化した新生モアザンリール、新たな船出へ。

リールに対し、コアアングラーたちが心の底から欲している性能を満たすべく開発に取り組んだNEWモアザンリール。ブラック&ゴールドのモアザンデザインに包まれたのは、新開発のマグシールドボールベアリングと熟成の域に到達しつつあるマグシールド機構。耐久性と剛性にこだわったスーパーメタルボディ。軽量高剛性のZAION製エアローター。最新テクノロジーの結実が生む「耐久性」と「回転」を存分にご堪能あれ。

 

■3012H
ハンドル一回転あたり95cmの巻取り長さを誇るハイギヤ仕様。手返しのよさとパワーを両立させた3012Hは、サーフやロックショアでも威力を発揮してくれる。スピーディな巻き上げは、ラインスラックのコントロールも思うがまま。

 

ダイワの防水・耐久テクノロジー「MAG SEALED(マグシールド)」

釣りの近代史において最大の発明と称されるのがカーボンロッドとPEライン。確かにこの2つが生まれる前と後では、釣りを取り巻く常識が激変した。そして、この2大発明に匹敵するといわれているのが、ダイワの防水・耐久テクノロジー、「MAG SEALED(マグシールド)」。その進化はメインシャフト部に始まり、ラインローラーを経てついにボールベアリングにまで到達。リールは更なる防水性能を手に入れた。リールを脅かす水、塩、砂の回転軸からの侵入を磁性流体マグオイルが阻止。ベアリングは滑らかさを保ち、過酷な環境でもザラつくことなく動き続ける。回転性能がどこまでも維持されるので、アングラーはストレスなく釣りに集中できるのだ。

 

spec2_daiwa_morethan_normal

「リールの生命線、ボールベアリングが変わる」
水しぶきや埃、砂や海水に容赦なくさらされるリール、その性能を維持するのは容易なことではない。特に精緻な回転機構の集合体のリールにとって、ボールベアリングの防水・防塵性は生命線と言える。ここにわずかな海水が入っただけで、塩ガミを防ぎきれず回転性能は失われてしまうからだ。だからこそ、これまでもリールには、ボールベアリングを水や異物から守るために数々の工夫が採り入れられてきた。しかし、こうした努力が満足のゆく成果をもたらしたとは言い難い。「リールは、いつか塩や異物の浸入によって回転性能が落ちるもの」と観念していた。

 

この難題に、ダイワが鮮やかな解答を示した。それが、マグシールドボールベアリングである。マグシールドとは、磁性流体「マグオイル」の強固な膜により外部からの水・異物の侵入をブロックするダイワ独自のテクノロジーだ。この先進技術が、いよいよリールの核心部であるボールベアリングに搭載される。

 

「ボールベアリングを徹底して防水化する」。この長年の構想が、ついにボールベアリングのマグシールド化に成功した。このマグシールドボールベアリングは、開発陣も驚嘆するポテンシャルを備えていた。過酷なテストを重ねても、回転の滑らかさは試験前とほとんど変わらなかったのである。マグシールドボールベアリングは、シビアに釣果を求めるトップアングラーのためだけの技術ではない。新品の気持ちの良い性能をいつまでも味わいたいと願うすべてのアングラーに福音をもたらすものだ。真のイノベーション、それがマグシールドボールベアリング。宇宙工学のシールド技術を応用し、ミクロの不純物までも遮断した防水・耐久の完成形へ、リールは大きな一歩を踏み出した。

 

spec3_daiwa_morethan_normal

ボールベアリングの初期性能が長期間維持され、本来の寿命を全うすることができる」

マグシールドボールベアリングがもたらす恩恵をここで整理しよう。最大のメリットは、ボールベアリングの塩ガミ、錆び、異音を大幅に解消し、初期性能を長期間に渡り維持することだ。リール用に限らず、およそあらゆるボールベアリングは一定期間使用すれば、ボールの摩耗により回転性能が劣化する。しかし、従来のリール用ボールベアリングは、ボールが摩耗する前に塩ガミや錆びにより使い物にならなくなることが多々あった。これがマグシールドで一変する。メンテナンスをしなくても、ボールベアリングが「本来の寿命」を全うするようになるのだ。また、マグシールドボールベアリングは、内輪と極板とのわずかなすき間をマグオイルが埋める非接触構造なので、もともと回転抵抗が非常に小さい。防水のために内部にゴムパッキンを使用しているベアリングと比べたとき、その回転フィーリングの違いは明らかだ。限りなく摩擦ゼロのスムーズな回転が、特別な手入れをしなくても長く保たれる。これがどれほど画期的なことであるかは言うまでもないだろう。

 

spec4_daiwa_morethan_normal

【メインシャフト部】
潮を被ったり、ラインや指先を伝わって海水が入ってきても、ボディとローターの隙間がマグオイルの膜で防御されているためリール内部へのをシャットアウト。内部はいつもフレッシュで初期の軽く滑らかな回転性能が長く続く。

 

spec5_daiwa_morethan_normal

【ラインローラー部】
リトリーブによってラインが拾ってくる海水をダイレクトに受けるのがラインローラー部。侵入した塩分が結晶化して回転部に悪影響を与えないよう、ここにもマグシールドを採用して、滑らかな回転を維持している。

 

搭載機能・仕様一覧

 

spec6_daiwa_morethan_normal

■ZAIONエアローター

「ZAION」は高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂で、軽く・強く・さらに腐食に強いという特性 を持つ。重量比強度でマグネシウムを上回るという、不可能を可能にした素材。またエアローター独特のアーチ 形状は負荷が全体に分散するため、従来の台型形状と比較して軽量化が可能になる。こうして強度・バランス・ 重量を突き詰めて完成したのがZAIONエアローターは、抜群の巻き心地と感度をもたらす。その軽さと強度はル アーアクション時のレスポンスの良さにも大きく寄与している。

 

spec7_daiwa_morethan_normal
■スーパーメタルボディ
剛性の高い特殊アルミニウム素材。外側がしっかりしているから内部のギヤの噛み合わせが狂わない。高負荷時 のネジレ、ヒズミを防ぎ滑らかな回転、強力な巻上げ力、高耐久性を生み出す。

 

spec8_daiwa_morethan_normal
■ハイパーデジギヤ
超々ジュラルミンの1.6倍の強度を持つタフな特殊合金にマシンカットを施した、耐久性抜群のメインギヤ。

 

spec9_daiwa_morethan_normal
■UTD
密に織り込んだカーボンワッシャーに、従来より粘りのあるドラググリスを含浸。繊細なドラグ設定を可能にし 、高いドラグ値でも安定したドラグ性能を発揮。長時間のドラグを使ったやりとりにも対応する。

 

spec10_daiwa_morethan_normal
■エアベール
糸がラインローラーまで流れるように送り出されるベール形状により、糸ガラミトラブルが劇的に減少。さらに 中空構造にすることで、重量を変えず大幅な強度アップを実現。

 


■ABSII
ラインがトラブル無く放出、飛距離が伸びるスプール構造。スプールを大口径&逆テーパーにすることでバック ラッシュなどのトラブルが激減。また、大口径による巻取り速度とドラグ性能も向上。ABSIIはスプールリング 形状を見直し、より遠投性能を高めた。

■カーボンハイブリッドスプール
■クロスラップ: スプールへのライン巻き取り時に巻角度の大きい綾巻き方式を採用し、スプール巻糸部への ラインの食い込みや糸のズレを防ぐためにクロスして巻き取る方式。その効果は細糸やPEライン使用時に特に顕 著。
■ツイストバスターII: ラインローラーにテーパーをかけて糸をころがすことにより、ローター回転で発生す る糸ヨレを相殺。スピニングリールの宿命と言われた糸ヨレを大幅に解消し、ライントラブルが激減。
■CRBB
■アルミマシンカットハンドル
■シャワー洗浄可

 

spec12_daiwa_morethan_normal