入荷とサーフヒラメ

皆さんこんにちは

睦沢町にあります

石窯焼きパンで人気のパンドナルさんのパン

誰が買ってきたのか家に入荷食べちゃおうかな

入荷です

コスパに秀でたプロックスからフェルトスパイクウェーダー補充

デュオからピーチウォーカーフリッパーZが新入荷

亜鉛ボディーでゆっくりしっかり誘えます

カナダのブランドWoodsから暖かいスリッポン入荷

軽くてかかとを踏んでも踏まなくても履けるタイプ

更に室内&外履き可能な撥水モデル

カラーはSカーキ Lネイビー LLブラック

 

先日パトロール中に目立った変化もなく

またサーフも良い感じのままでありました

普段それほどやらないのですが目の前にあまりに良い離岸流があり

朝一誰かがやったかもしれませんが少し投げてみる事にしましたよ

 

浅いサーフなのでアイマ コモモ125カウンター装着

ヒラメが釣れないと言うお客さんに

上から攻めろと良く言います

ジグヘッドワームや飛び道具系だけでも解っていれば釣れますが

そうでないと釣れません

解っていればがどういうことかというと

ヒラメは上に飛んで捕食する傾向の強い魚という事で

と、言う事は上を通過するモノを良く見ていると言う事です

なので沈下系ルアーでボトムを意識しすぎると

ヒラメの視界に入りずらいか真横に落とされても食べづらいなど

そう言った弊害もあります

水深のある堤防からやるなどとなればまた違うのですが

 

現在、目の前にあるフィールドは九十九里サーフ水深あって1m

アイマのコモモ125カウンター

コレで十分だろうと思います

下から攻撃を受けるのでルアーの針が下に沢山あるのも理想的

わざとじらして離岸の際からスタートしましたが流れがつかめないので

ど真ん中投入

離岸でまともに巻くとコモモも暴れちゃうので

ゆっくりと引きます・・・引き波が強くなったら巻かない

ちょっと久し振りのサーフで投げる感覚も巻く感覚もおかしいですね~

しばらくやっていないと忘れてます

しかし、3投目にいい感じのタイミングで投げれて巻きに入りました

ルアーの重さがロッドに若干伝わっているぐらいのスピードで

離岸の中をやっと泳いでいる雰囲気を作っているつもり

上手くやるとこうなりますテヘッ

42~43cmと言うところでしょうか

サーフを好んでやらない私でもソゲ卒業出来ました

釣る為の基本動作これを押さえる事によって

投げるルアーをフィールドに合わせます

コモモのカウンターを使ったのは125Fの通常モデルより

波のある場所では少し飛んで暴れづらいからですが

べた凪であれば125Fでも十分です

また、ヒラメが当たった場所は10m程度の場所

飛距離を押さえたルアーで30m以内の変化を丁寧に狙う事

これが最近飛距離の出るルアーで手前がおろそかになってしまっている人が

数を伸ばす秘訣でもあります

 

週末は色んな意味で時合いが短い

凪でしたが

どんどんサーファーが入ってきたのでこれにて終了としました

SMイワシのコモモに入魂できたので満足

 

その他どんな魚種も上手くいかない方

もしかしたらスタート時点で情報の取り方が間違っている可能性があります

ユーチューブはさておきメーカーの動画でさえ

宣伝の為なので

鵜呑みにしてはいけません

自分の現在立っている場所に合ったルアーチョイスで更なるレベルアップをしましょう

一番まずいのは

良くないタイミングやチョイスであったのに釣れちゃった経験です

それを釣れた経験として覚えてしまうので

本来、良くないのにその作業を続けてしまう事

それを続けている限り次には進めませんので

何処かのタイミングでリセットしないとダメなんです

釣りは簡単でもあり難しくもあり

簡単にするのも難しくするのもそれ次第となります

 

悩める子羊は一度頭をリセットするかする気持ちで是非相談してください

考え方を変える気持ち吸収する気持ちが無いと

メーカーのプロスタッフ等

どんな名人に聞いてもただの雑談になります

様々な経験を積んでお互いに更なる高みに登りましょう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ロッド アブ ショアレッドパートⅡ(仮)

リール アブ レボPRM4000

ライン PE1.5号200m

リーダー サンヨーナイロン ナノダックスリーダー5号

ルアー アイマ コモモ125カウンター SMイワシ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

シマノリール入荷と岩礁ヒラメとガサガサ

皆さんこんにちは

大型マグロやGTに

シマノからステラSW30000番入荷

これからのクロマグロ狙いの方などどうぞ

30000番は上にステラしか書いていませんでした

横から

そして、これまた人気の

ツインパワーXD4000XGが再入荷

只今リールが品薄なので貴重な入荷です

マリアからリライズ補充です

これ、浅い房総でも効く時があるとチョコチョコ動いております

 

さて、先日のパトロールで楽にコヒラちゃんでも狙おうと

ウェーダーで入れるサーフからのサラシを狙ってみました

そこら中にサラシはあるもののヒラスズキはお留守なのか

なぁ~んもあたりはありません・・・

 

私の集中力は30分と持たないので移動をしようとも思いましたが

そう思った頃

その30分でどんどん潮が引いて

サラシの中にある払い出しが見やすくなりましたのです

クロダイとかなんかその辺でもいいから釣れないかなと

岩礁サーフの溝撃ちに切り替えました

 

もう、ミノーとか投げるのが危ないので

メタルジグでロッドをほぼ真っすぐに立てて

サラサラっとやってみました

5回ぐらい投げたでしょうか

溝から手前の根の辺りにルアーが来たので

根を超えようと更にロッドを立てて~と言う瞬間

ドンッ

あ~ぁ~・・・

外れるかな~ジグに変えてコレで3回目の根掛かり

切れたら帰りますのスイッチが入りますけど?

今度も外れてくれ・・クイッ・・

るかなぁ~クイ~ッ・・

んっ

なんだかおかしいぞ?

リールを巻いてみ・・巻ける

 

なんなの

カジメなの魚なの

ジリッ・・ジッジッ

ドラグ出た

解ってた

オッシャ~

グ~リグリのゴーリゴリ

一気に持ち上げて根を超えようと思いましたが

 

でも、根の後ろで踏ん張ってそこは離岸流・・・

あまり走らないけど重いままで寄せても寄せても

中々そこを越えられない

思っていたよりも少し魚が大きい?

 

フックの掛かりも解らないしメタルジグだし・・・

フックアウトも心配です

この時点で魚は見えていないので

久し振りの魚をどうしても見たくて慎重作戦に切り替える

少し歩いて隙間から通すことにしました

スルッと来ましたよぉぉぉ~

ナイスサイズで~す70UPで~す

ロッドはジャンプライズ・オールウェイクプロトタイプ

ジグはJazz爆釣ジグⅡ SMWグリーン30g

サラシがあるのでゴールド投げたい所

なぜかグリーンを選んで食ってくれました

溝撃ちのヒラメ楽しいね~デカいの釣れたし

溝全部撃ってやろうかな

 

と、準備するために

愛用のブルーストームの

ライジャケの小さい方のポケットから

例のブツを

出しまして~

そう、SMストリンガーシステムを出し

近くのイケスに

放り込みますが

岩と繋がるストリンガー

こんな穴や

こんな穴にも半分ぐらい入ればロックできます

少し流れのある個所では2/3は必ず入れてくださいね

イケスの周りに穴が無くても

10mロープでどこかに繋げます

ロープの調整は

優れたハーケンスプールにより

横にクルッと回してハーケンを閉めるだけで

長さ調節可能ですのでどこかで縛る必要がありません

穴を探したらこの状態で

先程のようにロックストッパーを差し込めばOK

そんな訳で途中からCMに入りましたが本当に便利です

で、この後どうしたかと言うと

写真撮ったりでもたもたしておりましたら

潮が引いて濁りが出て釣りになりませんで

せっかく繋いだのに打つ場所無く撤収となりました

 

潮が引いたら濁りが出るなんて解っていたはずなのに

間抜けですなぁ~

まあ仕方ない、ヒラメを繋いだまま波打ち際など

しばらくその辺を探索して

アクアリウム用のこんなものゲット

ガラス片です

海は釣りとガラス拾いで半々で

トータル1時間半ぐらいの釣行でしたよ

 

海はどんどん時化るので

帰りはフレッシュマンに変身し

こっちはランガンしながら3時間ぐらいやってしまった

こんな小川や

こんな水草の所をゴソゴソ致しまして

常連のエビに(卵持っていました)

なんか小さな魚と

タナゴと

シジミと

シマドジョウをゲットしました~

居るか居ないかが知りたいだけなので

全部リリースしたんですけどね

この日は海と山とで色々楽しかった休日でした

 

なんでも楽しいね~

私はヒラメでもサーフより岩礁交じりだったり

磯だったりの方が得意なので

そんな所でヒラメ狙ってみたいと言う方居ましたら

聞いてください

 

明日からの週末は天気予報も外れそうで予測が不可能です

予報通りですと厳しい週末となります

ただ、ベイトはなんだかんだで少しずつ寄ってきているので

風をよけ波の出づらい湾内でそれを狙うか

ベイトの気配無くとも人も居ないと言う事で

私のように誰も居ないところでチョコチョコしてみるかです

 

まだ田植えしている所があるのに

この地域はもう収穫できるじゃないか

よく見たら麦畑

長南の麦畑が綺麗でした

皆さんの週末に何か楽しい事ありますように

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

あなたも新規開拓できるっ!岩礁サーフ小磯ヒラメ攻略法

皆さんこんにちは

 

ヒラメシーズン到来で

これから狙いに行くアングラーも多いかと思います

 

しかし、人気魚種を狙いに

人気ポイントに行く=くじ引き感否めない釣果

こんな事にあなたの大切な休日に時間をさけますか

そう、そこのアナタです

 

今回は怪しい通販番組調に始まりましたね~

 

磯でヒラメが釣れるのは皆さん知っていると思いますが

果たしてシーバスやヒラスズキの外道ではなく

ガチにヒラメ狙いで行っている方は居るのか???

 

居るとしてもそんなに数多くなく

釣れるポイントや過去に釣れたポイントを

行く度に叩いているだけかもしれません・・・

 

以前お話した事のある

有名なアングラーも言っていました

 

自分だから出せた魚に会いたい

 

どうせ私のことなので

やる事はそんなにカッコイイ訳でもなく

どっちかっていうとイヤらしい

 

そんな言葉に限りなく近い釣方を

○始めたばかりの人以外

○そこそこやっている人に

○脱皮したくて模索している人に

○キッチリ魚を出して行きたい人

チャレンジして欲しくて書きました

 

以前ソルト&ストリームと言う雑誌に記事を載せたことがありましたが

磯でのヒラメの狙い方があります

 

磯のヒラメはお洒落ですが敷居が高い気もする・・・

 

記事にした後もそんな声もありました

 

それを更にぬるくライトに出来る方法の提案です

 

その為にやる事や考えの部分をまとめますね

ヒラメが釣れる場所どこですかっ?

質問があるとします

私の答えは

どこにでも居ますって返事です

 

一見厳しい意見に聞こえるかもしれませんが

 

私が店を開いた理由は安易に流行で人を増やしたいわけでもなく

釣りをやる人個人個人が一人づつ上達する流れの中で

釣りの本当の楽しさやそれに伴い自然の大切さを理解してくれる事

 

上手くなっていく段階

可能性や知識が増えていく段階

それは一番の蜜の味だと理解してもらう事です

 

流行って一時の数字は出ますが衰退もします

好きになって毎月少しづつでも給料やお小遣いで釣り道具を買う

そんな釣り業界常連さんを業界は本当に大切にしなくてはいけな~い

 

新規契約が割安で

現在契約している人には優しくない的な

他の業界みたいなことはしちゃいけな~い

 

あんまり脱線すると訳がわからなくなるので

そろそろ本題に入ります

 

まず皆さんがやる事考える事は

1.そこに魚がいるか居ないか自分で決める

2.誰かさんみたいに鳥山ばかり追いかけないでとりあえずやってみる

3.釣れれば本命の考えで多魚種狙いのスタンスで色々やる(可能性を拾う)

4.ポイントに行く途中の場所がポイントになりうる

5.今みたいにサッパが居たりイワシが居たりしたらそこにまずヒラメは居る

 

私の行ったサーフは手前サーフでもすぐに沖が岩礁帯交じり

沈み根が沢山ある遠浅サーフというか岩礁の間に砂がある

こういうところ本当に人が居ません

 

50m先にはでかいボラの群れ

手前の波打ち際に10cmあるなしのイナッコ小群れ

1~2cmの小さなベイトも居た

手前から伸びた小磯というか岩に向かう

 

ベイトの雰囲気は同じような状況

 

根がキツクて表層系ミノーしか引けそうも無い・・・

 

そんな状況で今回使うルアーはこれ~

ベイトブレス チェリースピン14g21g28g

それに今居るサッパの大きさに適当に合わせる感じで

同社のTTシャッド2.8インチを付けてみたら

こうなりました

バスで使っていたスピナーベイトを思わせる

チェリースピンの根掛り回避能力は想像するに良いのですが

オフセット装着のこの状態がヒラメにどうなるかが

今回のテスト釣行の一番気になる部分でしたので

初期状態でそのまま使いました

 

ブレード付きの飛距離はどうかと言うと

ブレードが小型で一枚なので

思っていたより飛ぶと感じました

 

手前から適度な感覚でいくつもある根

釣りに対して純粋なオジサンは

先に数種類のミノーとか投げて調査しました

 

魚が簡単に食うところでルアー投げれば

釣れるルアーなのか差が出るルアーなのかカラーなのか

わっかりませ~~ん

 

ベイトが濃いのであれば根の上で食うヒラメも居るでしょう

しかし今回は食いませんでした

根の間も数回通しましたがそれでも食わなかった

 

ココは

バイブレーションや

ジグヘッドワーム系で攻めれば出るかもしれませんが

なんせ根の塊の中投げると投資に見合わない可能性大

 

ここでチェリースピンの出番

 

キャストしてしっかりボトムを取ってから

ひとしゃくりしゃくりあげてからのユックリしたただ巻き・・・

 

ガンッ

ビクッ

 

ゴンッ

ビクッ

アタリか根掛りかでビビッてしまいますが

根に当たってそのまま根掛りしない・・・

 

岩と岩の間のような箇所に引っかかって

リトリーブが止まってしまっても

チョンチョンしたりでポロッ

送り込んだりするとポロッと外れるぅ~

 

やはり回避能力は上々

 

ただブレード付いたルアーを普段使っていない私・・・

 

こんなんで魚釣れるのか疑わしい・・・

 

ゴンッ

また根に当たったようですが

グングンッ

そうそう根掛りしないと思えるようになったので安し・・ん

 

リール巻けてるのに重い

グングンッグンッ

魚なの

 

キィ~~~タァ~~

本日の本当の本命ヒラメちゃん

ソゲではなく40UPのヒラメサイズ

皮一枚でしたがバラさずゲットォ~

親戚にお米貰ったのでお返しにキープしようかな

 

SaltManオリジナルの素敵なストリンガー出動

SMストリンガーシステムは穴があれば固定

特許製品です

このようになりま~す

なんか解ってきた

同じようにボトム切った後にテロテロただ巻きの

ゴンッゴンッ

ムムッ・・

グンッ

コレもそうだぁ~

今度のは50UPかな?これはしっかりフッキング

この後、小移動して更に同サイズ3枚プラスし計5枚

マゴチの30~35センチあるなしは

なんとまあエラ洗いで3匹全てバラし

確実にソゲサイズを2匹バラしました

 

今回はわざと土曜日の晴天日

人が多いであろう時に一人取材的にあえて行きましたが

だ~~~れも居ない

そんで一人でプチ爆

ヒラメのポイントはまだまだあるって事です

 

小さい魚はオフセットもあってフッキングしづらい感ありましたが

40センチを超えるヒラメは今回全て獲る事ができました

 

根掛りしづらい箇所ではフックを変えて針先を出してもいい

ただみんながやらない竿抜けポイントである

こんなガチャガチャした場所では

根掛り回避能力とゲット率を考えると

売っている状態のままでも

かなり優秀なアイテムだと感じました

 

他のルアーじゃ攻めきれないあの場所

フィールドが広がります・・・

 

しかも、ベイトブレスさんと意見交換したら

スケベな使い方がまだあるとか言っていましたので

更に怪しい・・・

 

これは近いうちに店に入れておかないとイケマセン

 

昔からブログを読んでいる方は

過去に私がスピナーベイト改で

少しやったのを覚えている方も居ると思いますが

ここまで根に当てながらは引けませんでした

フックが動くのも良いんだと思います

この製品の方が残念ながら優秀

 

人の少ない箇所では雑音も無く

自然と一対一になれます・・・

 

そうする事で自然の中にいる一匹の動物になり

フィッシュハンティングに集中するのです

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼