大時化後の海況&小話

皆さんこんにちは

 

本日は昨日とはうって変わって

一気に回復傾向となりました

 

手前から沖合いまで薄濁り

底荒れ直後の箇所もありますが

明日~明後日の土日は大丈夫そうです

 

アジングは今夜から可

 

明日は朝からサーフのシーバスやヒラメも可能でしょう

ウネリが少しだけ残るので

磯周りのシーバスやヒラスズキもいいかもしれませんが

それなら日曜日が風が吹くのでいいかもしれません

 

九十九里方面も回復

ただ、元々水温が低かったのですぐによくはならないと思います

しかし、

下部から沖の暖かい潮があたり始めているのは気になります

ココの所水温低すぎます

今の九十九里は灘寄りが14~15度ラインまで上がれば

一気に食いが立つでしょう

 

しかし、明日土曜日は時化後の回復期

春の丁度良い濁りは魚を呼び寄せます

怪しい・・・とても怪しいでございます・・・

 

現場からイケメンがお伝えいたしました

 

 

そういえば子供の考える事って大人になると

透けるように見えることがありますね

 

私も頭がいいほうではありませんが

先日、同級生と少し話したら

若い時期にかぶれたまま

そして、そのまま気づかずに大人になってしまったのか

 

そんな印象を受けました・・・

 

お前かわらねえなぁ~

そういう私の言葉に嬉しそうに

そうか~と言う

 

今度ご飯食べに行こうよ

いいです

 

今度ご飯食べに行こうよ

いいです

 

絵文字が無いとどちらか判別つきません・・・

 

今度、飯でも食べに行こうよ

是非、御一緒したいですね

恐ろしい事にこのパターンでも社交辞令というのがあり

お前なんかと飯食う気は無いと思っていても

食べようと言うし

一緒に食べても良いですよとも言う

 

その話している人同士の距離感で

受け取り方がどうにでもなる

日本語の難しい所ですね

 

そうそう、先の彼は

中学や高校でなぜだか急に

素行が少し悪くなってしまったヤツそのもの

あの時代そのままの大人です

 

子供じゃないのに誇張してモノを大きく言ったり

そんなに知らないのに知ったふりをしたり

他から仕入れた聞いた話を自分の経験談みたいにしたり~

 

この場合、家庭環境どうこう言うけど

周りや他人のせいじゃなくて

自分で気づかないとダメ

 

プロってその道で生きている人のことですよね

 

とりわけ何かのプロになっていなくても

人として生きている時点で働いていたりして

衣食住を確保すると言う時点で

皆さんも人生のプロであります

 

私も学生の時や20代の時より3~5倍速で人生が~年月が~

進んでいる気がするので

何かにつけ一つでも日々やる事を意識しています

あっという間に爺さんになりそうなので

何もしない日は作らない

 

人生でも他にどんなプロでも良いのですが

プロ5年とプロ5年で同じプロ

しかし、同じ5年間を過ごしているとは限りません

かたやプロになってプロと言う名におぼれる者

もしくは現状に満足してそれを維持しているだけの者

かたや上を目指して変わらず努力し続ける者

 

プロ10年でもはたから見れば同じプロ

でも、5年目のプロのどちらと比較しても

この10年選手のプロが努力し続けるプロだったら

プロ5年生は多方面で総合的に敵わない事になるのです

 

他で言う

プロと言うカテゴリーの人間がハッキリと

存在しない海のルアー

それっぽい会社でも立ち上げないと

それだけで食えるプロにはなれない

 

そうしないと

釣りだけしてても貰うギャラだけでは

そうそう飯は食えないと言う事です

 

モニターとテスターやらプロスタッフなど

名前ばかりで何が何やら解りませんね

 

それに対して簡単に書いてみます

 

私が思うところの

モニター・とは

抽選で当たるレベルのお試しさん

ここはメーカーに選ばれるテスターとは違うんですが

混同してしまう方が多い気がします

メーカーがその仲間内に広めたいという意思程度

釣果報告あれば○ぐらいな雰囲気ですので

初めて会った人に自慢するレベルではな~い

 

次は一番多く一番あやふやなトコ(長いです)

テスター・とは

先にも書きましたがメーカーに任命されて契約を交わします

(契約を結ばずにテスターになれる会社もあり

正規テスター契約と臨時テスター契約なしが存在)

テスターは意見の収集や釣果報告が義務的になります

大体が一年契約ですがその辺出来ている方や

素行不良&事情があり釣りが以前のように出来なくなった

その様な場合以外はだいたい数年間は契約が続きます

 

テスターにメーカーが求める営業範囲はその地域全域と

期待値も高く

モニターの仲間内程度ではありません

 

テスターになると契約が発生するので責任が伴います

良く感じるのは

頑張りすぎてフィールドで嫌われちゃう人が多いと言う事

 

テスターならば釣らないといけないとかプレッシャーの中

俺は仕事的要素ありますのでと、

周りのアングラーが自分以下に思える瞬間があるのかもしれません

 

しかし、メーカーの肩書きを背負っています

そんな人のポジションは

メーカーの思惑と逆に作用してしまい

アンチを増やす結果になります

売り上げを下げる結果に直結

そんなテスターを囲う必要は無いのです

 

房総でよくあるのは

メーカーがらみの人が一級フィールドに通い続ける事

一級フィールドは誰しもが出来れば休みの日に

いい立ち居地に入りたい場所もであり

たまには入りたいという人も多々居ます

フィールドの外側の人には解りませんが

フィールドを共にするアングラーからはあまりよく思われません

あそこでしか魚を出せない人が

ルアーやロッドに対して何を語ろうが説得力に欠ける

となるのです

 

契約を交わしています

万が一釣り場でトラブルがあったとき

口論したり殴っちゃいたい気持ちになっても

その後のSNSでトラブルを続けたりも

メーカーの株を下げる事になるので押さえなくてはいけないところ

 

素人さんから見たらテスターの肩書きは少し魅力的かもしれません

ただテスターと言う肩書きでハクを付けたいだけであれば

ならずに居た方が懸命です

意識改革と現状のレベルが高くない場合

後々辛くなるのがオチです

 

自分のペースで自分の釣りをしていれば

その方が絶対に楽しいでしょう

 

俺はテスターには絶対にならないっ

なりたくないっ

 

そう言っている人も声が掛かればスンナリなったりします

そこにどういう気持ちがあるのか当人しかわかりません

 

このテスターと言うカテゴリーは

なりやすさも考えるとカテゴリー内で

個人のレベルの差が一番あるところだと思います

 

次は

プロスタッフ

プロスタッフに任命されたらやはり更に厳しい契約です

抜きん出て上手いとかそれ以上の信頼とか色々あります

 

メーカーはその影響力の及ぶ

営業地域は県や地方をまたぎ全国的にもお願いしたい所

テスターはメーカーにもよりますが

紹介などもあり比較的なれます

 

プロスタッフはかなり難しく一握りの人しかなれません

釣り続ける事&皆に好かれていること&信頼できる事&影響力

これらを高いレベルで持っていかないとなれません

 

そして、敷居の高い

プロスタッフでもそれだけでは

なかなか飯は食えないのであります

 

どうでしょうか?

何か目指す部分がある方は

そのまま何に向かっていくかが重要です

 

契約を交わすことによって鎖を繋がれる部分があり

それを制約と取るか否か

テスターでもプロスタッフでも内容が濃い人は

契約が鎖となり制約となっても

それすら乗り越えて立ち回りそこに居続ける事が出来るのです

 

それはやはりまず経験値

そして、その人物個人のなせる業なのです

 

難しい事も書いたかもしれませんが

話を聞けばここ数年

ソルトルアー関連メーカーでは人手不足

心技体にバランスの取れたアングラーを

探している最中です

 

磯&サーフ&堤防&河川

得意のフィールドは問いません

 

制約を突破して活躍出来る方募集中だそうですよ~

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

                         

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

スポンサーPR