イワシ発見=青物発見!?

 

 

皆さんこんにちは

わが愛機

リップルフィッシャー・アバリスを封印して

この所もう何年もテスト中の

ショアレッドのセカンドモデルと

もうちょっと強い青物兼用のモデル

初回プロトからもうだいぶ月日が経ちましたが

まだ決まらない・・・

 

待っていてくれる人が居たら本当に申し訳ありません

でも、メーカーさんも気長に付き合ってくれるのでありがたいなぁ~

じっくり作りたいと思います

 

先日のパトロールで多分祭りの後だろう・・・に到着

下の写真見づらいですが中央にイワシじゃない奴が・・・

最初はフグかなんかだと思っていましたが

下の写真

これは上部にいます、この魚はトビウオ25cmはありそうです

イワシと一緒にスリットの奥まで逃げて来たなんて

私が来る前はどんな祭りだったんだぁ~

 

海を観察すると射程の外側ではあるもののなにやらモジル

居残りのお魚ちゃん居そうですね~

贅沢は言わないからマグロでも釣れないかな

と、調査の為ロッドを出しました

 

沖のモジリも気になり

広範囲探ろうと思ってジグで展開も当たる気配がない・・・

なんか違う気がして2投で交換

雰囲気で浮遊感のあるシンペンに変えてゆっくり巻く事にしました

 

出来るだけ遠投してロッドを立て気味にし水面をゆっくり泳ぐ感じに調整

沈み根の上を通過しようとした瞬間

ゴコッ

ググングングンッ

来ました~

根があるので一気に巻いて離します

それが出来る程度のサイズです

またイナダかな~

アブ ロッドプロト

ジップベイツ スライドスイムミノー120

小さいけどヒラマサでした

最近はジグミノーのスキッピングも良く効きます

ダイビングペンシル全盛の現在は誘い出しだったり

メタルジグのリアクション狙いだったりと

青物のイメージに合った攻撃的な動の釣りが人気を博しておりますが

SaltManはこういう拾わせる釣り方もやります

メタルジグのただ巻きもそうですが食いが深く外れずらいのも利点

 

やりこんだ方が「俺はダイペンやトップしか投げない」とかこだわるならOKですが

それ程やりこむ前にこだわりを先にしてはいけません

釣る為にこだわりを発揮しましょう

メーカーのCMなどはそれはそれ

現場では

ルアーはシチュエーションに応じて釣る為にチョイスし釣る為に使う

使わされていてはダメです

 

 

ヒラスズキをやりに行った時に青物の様なルアーの動かし方をしないのに

青物が良く絡んでくるってことはそう言う事で

タックルも買いました~これから真剣に青物やりたいと思いますと、

青物の釣りを始めると何故かそれを忘れて

俗にいう青物の釣りをやろうとするから釣れなくなる場合もあります

 

この魚を獲った後に雰囲気が無くなりましたので狙い方変えます

唯一流れが当たっている場所にはスライドスイムミノーが届きません

ジャンプライズ ぶっ飛び君95Sにチェンジしなんとか到達

スキッピングで広範囲を狙おうと思いますが

2~3回チョンチョンすると

ジュボッカツッ

強烈なバキューム音が私にも聞こえました

魚も出たのが見え、小さくとも60センチ近いショゴ兄貴

でも、ルアーに当たっただけで乗ってない

慌てず騒がずチョンチョンを続けると

ゴンッ

キタァァァ~~~

ッシャーオララララァ~~~

このサイズ、この足場でこのタックルでイケるのか

ラララァァァ~~~

足下に来たよ~

サイズの割に引かない奴だな???

何処からズリ上げようなんて思っていたけど・・・

ーーーンッって・・・

簡単に抜けちゃったよ・・・

ファイト中にうっすら?解ってはいたけど

60センチぐらいのが最初に当たったのに

追い食いしたのはこのサイズ

チーン・・・

 

この後同サイズのショゴが3匹程度の追加で

兄貴は釣れず

しかし、大きめのサイズのカンパチも寄り始めたようです

燃えろ青物アングラー

 

今回のように飛距離が正解の場合と

浮遊感が正解の場合があります

沖の潮目や流れにダイビングペンシルがギリギリ届いている時も

そこで食いそうであれば普通にダイブさせてはいけません

通常の良くあるダイビングペンシルはダイブして

水中でウネウネしながら前に進む動きが多く

移動距離が出て数回のダイブでポイントを外れてしまうので

糸ふけで遊ぶ程度のショートダイブをさせて

出来るだけその場に置いておきながら

その場でアピールするのも効果的

それがポッパーならもっと簡単に出来ますし

ジャンプライズのララペンのように縦ではなく

ジグザグに動くタイプのダイビングペンシルは距離が出ずらいので

こういう釣り方にも向いていますよ~

 

後はダイビングペンシルが水面から跳ねて飛んでしまうと言う方

ワンダイブの後に最低3秒は置いておきルアーが縦になってからダイブさせましょう

モノにもよりますが

ダイブ後1~2秒で斜め浮き状態で操作すると斜めに飛び出す動きとなります

 

暖かくなり近所の川にも見える小魚が増えて来ました

正体を知りたくてソルトルアーショップとしては反則技のミミズを投入

今回はオイカワちゃんの群れでした

蚊の猛攻にあったので即撤収

ちょっと気になったので少しやるつもりだったのですが

半袖半ズボンはダメですね~

虫よけスプレーも必須です

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加していますのでカチッとお願いします

                         

GyoNetBlog ランキングバナー

皆さんのカチッとで順位が上がります

こっちでは何位かな~


にほんブログ 村

ソルトルアーショップSaltManのルアー通販サイトはこちら▼

スポンサーPR