アイマ コモモ110S カウンター (ima Komomo 110S counter)

アイマ コモモ110S カウンター (ima Komomo 110S counter)

販売価格 当店では全品税込み価格でご提供しております
¥1,846
ポイントレート:1%
数量

*税込み10800円以上で送料無料になります
※ロッドが含まれる場合は申し訳ございませんがヤマトの値上げに伴い
「本州・北海道 2000円、沖縄・離島 4000円」の送料が別途必要となります。

* 「カートへ入れる」ボタンを押すとカートページに切り替わります>
* 「売り切れ」や未掲載商品をご希望の場合は、お取り寄せ可能か確認いたしますので、お気軽にお問合わせください
* 店舗と在庫を共有しています。万が一お取り寄せとなる場合にはこちらからご連絡させていただきます

  • ◆サイズ : 110mm
  • ◆重さ : 13g
  • ◆タイプ : スローシンキング
  • ◆レンジ : 30~80cm
  • ◆アクション : ローリング + ウォブリング
  • ◆フック : ST-46 #8

商品情報

抑え気味の泳ぎでアピール
ルアーには大きく分けると、ブリブリと泳ぐウォブリング系のルアーと一見すると泳ぎ方がよく見えないローリング系のルアーが存在します。
それを踏まえた上で、こんな経験をしたことはないでしょうか!?「ローリング系ルアーばかりにヒットが集中し、ウォブリング系ルアーは極めて反応が悪い。」
特に、アフターの魚を釣り始めるこの季節によく遭遇するパターンだと思います。

 

派手なアクションが逆効果となっているのか、単純にローリングが効果的なのかはわかりませんが、抑え気味のアクションが時に一番のアピールとなっているケースが存在するということは事実なのかも知れません。
そう、komomo 110S counterはまさにその抑え気味のアクション。
ノーマルのkomomo SF-110とは異なり、ゆっくりユラユラと弱ったベイト(スローリトリーブ)を演出します。この季節、体力の落ちたシーバスが水温の上昇する上げ潮とともに食い始める。そんなときに目の前に弱ったベイトが居れば格好のターゲットに違いありません。

 

絶妙な不安定さ
私がkomomo 110S counterを始めて使った時に感じたこと、それは不安定さです。
アクションを確認すると、スローリトリーブでは非常に弱々しい動きをします。ところが、水流のわずかな変化があると一瞬すばやく動いたり、姿勢を崩したりと動きに変化が生まれます。
この動きは今までの経験上、シーバスにとても有効だと感じています。
例えば、sasuke140S裂風。imaルアーの中でも、不安定さは抜群の部類に入るルアーです。

 

私の場合は磯で多用しますが、磯は潮流変化の多い場所。磯の流れの変化に入るとバランスを崩し、その瞬間にヒットすることが非常に多いのです。
komomo 110S counterの場合、干潟などの弱い潮流やリトリーブスピードの少しの変化に反応します。
弱々しい動き、そして不安定さを意識したリトリーブでより多くのシーバスからコンタクトを得られるようになると思います。

 

バチ抜けにも使える!
近年ハイプレッシャー化するバチ抜けフィールド。そんな中でも使用できるのがkomomo 110S counterだと思います。
大河川では、飛距離が有利になる場合があることは言うまでもありません。小型のルアーで近距離を狙っても、バチ抜け時期は十分な釣果が得られます。
しかし、意外と大きな魚は掛からないものです。特にアングラーの多いポイントではこの傾向が強いですね。そこで、少しでも人の気配を感じづらい沖を狙うのがサイズアップの一つの方法!!

110mmというサイズ感も申し分なく、抑え気味のアクション、ヘビーウエイトで飛距離も稼げるkomomo 110S counterはピッタリと言えると思います。
これから本格化するバチ抜けシーズンをより楽しむためにも、タックルボックスには忍ばせておきたい1本です!!

 

[全長]110mm
[重量]13g
[レンジ]30~80cm
[フック]ST-46 #8
[アクション]ローリング+ウォブリング
[タイプ]スローシンキング